女性は好き嫌いで物事を判断する。会話では共感が大事

女性は好き嫌いで物事を判断する。会話では共感が大事

女性は好き嫌いで物事を判断する。会話では共感が大事なんです。

イケメンじゃなくてもセックスフレンドを作るには

女性は好き嫌いで物事を判断する。会話では共感が大事

女性の立場から言わせてもらうと、男性が女性を口説く時にマイナスなのは「自慢話ばかりすること」です。基本的に男性はプライドが高いので女性に自分の実力を知ってほしいのでしょうが、女性にとって男性の自慢話は退屈です。女性は共感を大事にするので自分の話ばかりされると置いてけぼりにされたような気になります。

女性のほうも好意を持っていれば自慢話を聞いてくれるかもしれません。でも本音は相手の話を聞くより自分の話を聞いてほしいのです。女性の話を聞く時はどんなにくだらないと思うことでも、ちゃんと聞いてあげることです。馬鹿にされたり、お説教されてたりすると傷ついてしまいます。地雷を踏むと二度と口を聞いてくれないということにもなりかねません。

男性のように理屈が通ってるか、正しいかどうかより、感受性を大事にするのが女性です。好き嫌いで物事を判断するなと言われるかもしれませんが、女性の会話ってそういうものなんです。

ある男性から送られてきたメールで、この人はモテないだろうな、と思うものがありました。真面目で正義感が強いのはわかるのですが、頑固で融通が利かないので全く魅力を感じられないのです。自分の都合の悪いことを指摘されるとスルー。間違っていてもごめんなさいの一言が言えません。男の沽券に関わるなんていいますが、謝れない人はカッコ悪いです。負けず嫌いやプライドの高さを全面に出さない男性のほうが女性の目には素敵に映りますよ。

今までお付き合いした男性にも、私の存在はおかまいなしで持論をまくし立てる方がいてゲンナリしました。「女はニコニコして男の話を聞いていればいいんだ」という態度が見えると一気に冷めます。女性を同じ人間として対等に見られない男性はいくら優しくても信用できません。

自慢話と趣味の話はちょっと我慢して、女性の話を聞いてあげてください。黙って愚痴を聞いてくれる大人の男性がいたら女性は気になってしまうはず。包容力のあるところを見せれば、脈がなさそうな女の子でもチャンスがあるかも。



Copyright (C) 2016 イケメンじゃなくてもセックスフレンドを作る方法 All Rights Reserved.
top